2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/15 (Tue)

木鼻

名所めぐりに行って、

気になってしまったの。。。。


調べたら

木鼻

というのだそうです。


こんな感じの↓ ご覧になられた事がありますか?

images_20100615172922.jpeg


木鼻は、木端(きはた)から生じたと言われています。

肘木(ひじき)
頭貫(かしらぬき)
虹梁(こうりょう)

の横木が、柱を貫き突き出た部分に

繰型や彫刻の装飾を施したもの。


鎌倉時代の大仏様、禅宗様に出現しました。


大仏様では、弧線とS曲線の拳鼻(こぶしばな)から

室町時代には、

象鼻(ぞうばな)
・・・象の鼻をかたどったもの。

獅子鼻(ししばな)
・・・獅子をかたどった彫刻ライオンのこと。インドでは王や仏の守護神とされています。

竜鼻(りゅうばな)
・・・伝説上の生き物で、大蛇に翼と角、頭に猛獣や猛鳥を組み合わせた動物。中国では、青竜が君主の象徴でした。

獏鼻(ばくばな)
・・・中国の想像上の動物の彫刻鼻は象、目は犀、毛は牛、足は虎で銅や鉄を食べ、人の悪夢を食べてくれるといいます。


の意匠が盛んになりました。

禅宗様では、複雑な繰型の渦紋と更に複雑化して、葉や雲の装飾彫刻が盛んになったという事です。

なぜ、複雑化したのでしょうか。。。

スポンサーサイト
18:27  |  名所めぐり  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sparx.blog4.fc2.com/tb.php/2877-d7453570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。