2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.07/04 (Sat)

劔岳 点の記

明治40年。地図の測量手として、実績を上げていた柴崎は、突然陸軍参謀本部から呼び出される。 「日本地図最後の空白地点、劔岳の頂点を目指せ」 。当時は、陸軍参謀本部に所属している陸地測量部が日本国内の測量を行い、数多の山頂に三角点を設置、地図を作ってきていた。宗教登山の目的以外では、ほとんどの山は陸地測量部によって初登頂されてきたが、未だに登頂されていないのは劔岳だけ。また、創立間もない日本山岳会の会員も剱岳の登頂を計画しており、軍としては、山岳会に先を越されることを許すわけにはいかなかった。 柴崎は、その命を受け、剱岳付近に詳しく、人柄も優れた案内人・宇治長次郎らとともに、未踏峰の劔岳の登頂に挑む――。『八甲田山 死の彷徨』『富士山頂』などで知られる新田次郎の同名小説が原作。


映画の舞台は、約100年前。

山登りの歴史を知るためにも、とてもよい映画だと思います。

レジャーとして山を登る。ということもある中、命がけで、しかも設備も装備も十分ではない中、山にチャレンジをする姿にジンと来ました。

日本山岳会創始者、小島烏水が剣岳登頂を競う相手として登場させることで、その確執もまたまた面白く見ることが出来ました。




監督・撮影:木村大作
原作:新田次郎
製作:坂上順、亀山千広
プロデューサー:菊池淳夫、長坂勉、角田朝雄、松崎薫、稲葉直人
脚本:木村大作、菊池淳夫、宮村敏正
美術:福澤勝広、若松孝市
編集:板垣恵一
音楽:池辺晋一郎
製作国:2009年日本映画
上映時間:2時間19分
配給:東映

柴崎芳太郎(参謀本部陸地測量部測量手) - 浅野忠信
宇治長次郎(山案内人) - 香川照之
生田信(測夫) - 松田龍平
小島烏水 - 仲村トオル
柴崎葉津よ - 宮崎あおい
スポンサーサイト
10:16  |  邦画(た行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sparx.blog4.fc2.com/tb.php/1844-17b62967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。