2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.08/09 (Mon)

龍馬伝 第32回狙われた龍馬

龍馬の男っぷりが更に上がった1回でしたね。

佐那さんは、ずっと龍馬のことを忘れられなかった一生だったんでしょうね。

世の中全てのおなごを幸せにする男、坂本龍馬ですもの。






大きくたたけば大きく響く
西郷どん

「嵐にしやがれ」を見た後だから
豚鍋が頭から離れなくて・・・
笑えたぁ~

スポンサーサイト
06:58  |  大河ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.07/11 (Sun)

龍馬伝 第28回 武市の夢

命のはかなさを知り、
志の尊さも知り、
かなしみも
わかれも
むなしさも
くやしさも
おそろしさも、
人の情けも愚かしさも知り、

龍馬はこの時からあの坂本龍馬になって行ったがぜよ




この国を洗濯する

龍馬の気持ちがぎゅっとつまった一言
この言葉を使う方には、
この言葉の重みを十分に実感して使って欲しい。。。ですね。

20:19  |  大河ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.07/05 (Mon)

龍馬伝 第27回龍馬の大芝居

茶の湯は

よいですね~~~


久々にお点前をしたくなりました。


殿方の所作は
なお良い。

茶会に行くと粋な男性を見る事ができるかしら。。。


しかし、山内容堂公は、33歳で隠居した人

酒と女。
どれだけ豪快であったかは、想像もできません。。。

18:44  |  大河ドラマ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/28 (Mon)

龍馬伝 第16回西郷吉之助

待っていないで

会いに行く。


私がこれから目指すのは、これだわ

と、オープニングから感動


1本のドラマで

1回でも

腹に落ちる場面があるというのは、

すごい!!
08:59  |  大河ドラマ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/20 (Sun)

龍馬伝 第15回寺田屋の母

「うぅぅぅ~~~みっ」


あー、そんなに見つめて

言うなんて。。。


しかも、

「笑顔がいい!」

とほめるなんて。。。


でも、

とっとと

行ってしまいましたね。

かっこ良すぎる。。。。。。。。

21:00  |  大河ドラマ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/13 (Sun)

第24回龍馬伝 愛の蛍

志の為に命を捨てる

時代を紐解くと様々な想いが世を動かしていたのだと考えさせられます。



現代は
何も考えていない若者たち。
という声を様々な現場で聞きますが、

何も考えていなければい生きて行けないのだし。。。
何か考えていらっしゃるんでしょうね。

それはさておき


龍馬の時代

若者はたちは、何を信念に生きていたのでしょう。


そしてその信念の為に、捨てなくてはいけなかったものが
いかに多かっただろうか。

蛍の光を見ながら、ほんの少しだけ切ない気持ちになりました。。。

20:44  |  大河ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/06 (Sun)

龍馬伝 第23回池田屋に走れ

近藤正臣さんは、うまいのぉ~~~


わずかなシーンで、インパクト大!


そして、若い力がどんどん動いて流れを変えて行くシーン。

陸奥宗光も登場しました。

美しい奥様をお持ちだったということでも有名な方です。。。


史実とは若干、違う箇所もありますが、次週も見逃せません。

21:20  |  大河ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.05/23 (Sun)

龍馬伝 第21回故郷の友よ

ハンペーターと冨との別れのシーン。

泣けたぁという方も多いのではないでしょうか。


私は、と言うと


ひたすら分析。

当時の女性のあり方を探るべく
でも大河ドラマだから史実とは微妙に違うだろうけれど
分析分析。。。


当時も「あげあげにする女」と「さげさげにする女」というのは、あったのでしょう。


ある番組で、ゆうこりん(コリン星を卒業したとか。。。?)が、男性の英気を吸い取ってどんどん潤う女性と言われていたけれど、占いによるとそういう女性はいるらしいのよね。

反面、男性も「あげあげにしてくれる女性」を渡り歩いて行く方もいらっしゃるとか。

それが龍馬だったのでは、とも言われています。


しかし、龍馬に関わった女性たちは、寂しい晩年を迎えています。


「さげさげ男?」

世の中、見えないものが怖いですね。。


21:54  |  大河ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.05/16 (Sun)

龍馬伝 第20回収二郎、無念

松平春嶽が登場。

「明治」という年号を命名したお方ですね。


収二郎の切腹。

誰が悪いというわけではないのに

世の流れの犠牲者が次々と増えて行く。


少し時が経てば、敵が味方に転じることもあるのに。


いつの時代も、変わらぬ憤りはあるものなのですね。


しかし、無念であったのだろうか。

こればかりはわかりません。。。
22:26  |  大河ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.05/09 (Sun)

龍馬伝 第19回攘夷決行

ちょっぴり

ハンペーターがかわいそうになってきた。。。


以蔵ちゃんが。。。。



みな

死期が迫っていると思ってみると、悲しみと哀れみが・・・

結局自分は

龍馬とハンペーター

どちらが行くべき道か、判断できず。

21:07  |  大河ドラマ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。