2017年03月/ 10月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.05/14 (Fri)

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル

霊能力者“カミハエーリ”が統治する万練村では、その後継者を決める大会が行われようとしていた。貧乏なマジシャン、山田奈緒子(仲間由紀恵)は、霊能力者に成り済まして大会に参加し、村の財宝をネコババしようと画策するが、バカげた風習を辞めさせるために招かれた物理学者の上田次郎(阿部寛)とはち合わせてしまう。


もう傑作!

この一言につきます。

心の底から楽しみましょ~~~~



製作年: 2010年
製作国: 日本
日本公開: 2010年5月8日
配給: 東宝

スタッフ
監督: 堤幸彦
プロデューサー: 臼井裕詞 / 安藤親広
脚本: 蒔田光治


キャスト
仲間由紀恵
阿部寛
生瀬勝久
野際陽子
松平健
佐藤健
夏帆
藤木直人
片瀬那奈
戸田恵子
スポンサーサイト
23:20  |  邦画(た行)  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/08 (Fri)

釣りバカ日誌20 ファイナル

近年の業績悪化により、追い詰められる鈴木建設。会長の一之助(三國連太郎)が無期限の給料全額返還を実行する中、一之助のために一肌脱ごうと奮起した伝助(西田敏行)は、得意の釣り人脈から思いがけない大型受注に成功する。そのかいあって会長賞とご褒美の釣り休暇をもらった伝助は、一之助とともに北海道へ釣り旅行に出掛ける。


三國さんは86歳、西田さんも普通の会社なら定年を過ぎた62歳

素晴らしい

あとは感謝



この言葉につきますね。

スピンオフがあるかも???


製作年: 2009年
製作国: 日本
日本公開: 2009年12月26日
上映時間: 1時間57分
配給: 松竹

スタッフ
監督・脚本: 朝原雄三
プロデューサー: 瀬島光雄 / 深澤宏
原作: やまさき十三 / 北見けんいち
脚本: 山田洋次
撮影: 近森眞史
美術: 須江大輔
編集: 石島一秀
音楽: 信田かずお
録音: 鈴木肇
助監督: 石川勝己

キャスト
西田敏行
三國連太郎
浅田美代子
吹石一恵
塚本高史
松坂慶子
加藤武
小野武彦
鶴田忍
中村梅雀
益岡徹
笹野高史
中本賢
谷啓
奈良岡朋子
岸部一徳
六平直政
平田満
角替和枝
かとうかず子
高畑淳子
持丸加賀

20:06  |  邦画(た行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.09/20 (Sun)

TAJOMARU

阿古姫(柴本幸)という許婚もいて将来を約束された畠山家の次男・直光(小栗旬)は、陰謀により家を追われてしまう。山中に逃げ込んだ二人は盗賊の多襄丸(松方弘樹)に襲われ、その際に阿古が言い放った言葉に直光は驚く。すきをついて逃げ出した阿古を追う多襄丸を殺めてしまった直光は、死にゆく多襄丸から彼の名前を継ぐよう託される。


芥川龍之介の『藪の中』は、大好きな小説。

今回も期待大。
ではないけれど、どんな映画に仕上がっているのかワクワクして見に行きました。


小栗旬くんは、時代劇は・・・難しいかも。。。

時代劇ではなければ、かっこよくて素敵だけれどね。


柴本幸さんは、真野響子さんの娘だっただんだぁ~~えぇ

キャストのアンバランスさが、映画自体の不調和につながっていたような…




製作年: 2008年
製作国: 日本
日本公開: 2009年9月12日
配給: ワーナー・ブラザース映画


スタッフ
監督: 中野裕之
原作: 芥川龍之介

キャスト
小栗旬 /柴本幸/ 田中圭/やべきょうすけ/池内博之/松方弘樹/近藤正臣/萩原健一/本田博太郎 他
13:35  |  邦画(た行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.07/06 (Mon)

デトロイト・メタル・シティ-DVD鑑賞

純朴な青年、根岸崇一(松山ケンイチ)は、ポップミュージシャンを目指して大分県から上京する。だがひょんなことから人気悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ”のギター&ボーカルとして活動することになる。彼らのデビューシングルは大ヒットを記録し、崇一は自分の意思とは関係なくカリスマ悪魔歌手に祭り上げられていく。(シネマトゥデイ)


なにげなぁく、見た1本。
松山くん、好きだし…

さすがにうまい!両極端な役柄を見事に演じきっていましたね。

楽曲もよかった。

ただし、この映画がきっかけでメタルファンが増えたかどうかは、わかりません。

漫画が原作のこの映画
漫画に音がついて、さらに楽しめました。


製作年: 2008年
製作国: 日本
日本公開: 2008年8月23日
配給: 東宝

監督:李闘士男

キャスト
根岸崇一(ヨハネ・クラウザーII世):松山ケンイチ(唄(ヨハネ・クラウザーII世):冠徹弥)
相川由利:加藤ローサ
西田照道(カミュ):秋山竜次(ロバート)
和田真幸(アレクサンダー・ジャギ):細田よしひこ
アサトヒデタカ:鈴木一真
佐治秀紀:高橋一生
根岸啓子:宮崎美子
根岸俊彦:加藤諒
木林進(鬼刃):大地洋輔(ダイノジ)
DJライカ:大谷ノブ彦(ダイノジ)
ニナ(金玉ガールズ):美波
DMCファン:大倉孝二、岡田義徳
ジャック・イル・ダーク:ジーン・シモンズ(KISS)※特別出演
デスレコーズ社長:松雪泰子
23:18  |  邦画(た行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.07/04 (Sat)

劔岳 点の記

明治40年。地図の測量手として、実績を上げていた柴崎は、突然陸軍参謀本部から呼び出される。 「日本地図最後の空白地点、劔岳の頂点を目指せ」 。当時は、陸軍参謀本部に所属している陸地測量部が日本国内の測量を行い、数多の山頂に三角点を設置、地図を作ってきていた。宗教登山の目的以外では、ほとんどの山は陸地測量部によって初登頂されてきたが、未だに登頂されていないのは劔岳だけ。また、創立間もない日本山岳会の会員も剱岳の登頂を計画しており、軍としては、山岳会に先を越されることを許すわけにはいかなかった。 柴崎は、その命を受け、剱岳付近に詳しく、人柄も優れた案内人・宇治長次郎らとともに、未踏峰の劔岳の登頂に挑む――。『八甲田山 死の彷徨』『富士山頂』などで知られる新田次郎の同名小説が原作。


映画の舞台は、約100年前。

山登りの歴史を知るためにも、とてもよい映画だと思います。

レジャーとして山を登る。ということもある中、命がけで、しかも設備も装備も十分ではない中、山にチャレンジをする姿にジンと来ました。

日本山岳会創始者、小島烏水が剣岳登頂を競う相手として登場させることで、その確執もまたまた面白く見ることが出来ました。




監督・撮影:木村大作
原作:新田次郎
製作:坂上順、亀山千広
プロデューサー:菊池淳夫、長坂勉、角田朝雄、松崎薫、稲葉直人
脚本:木村大作、菊池淳夫、宮村敏正
美術:福澤勝広、若松孝市
編集:板垣恵一
音楽:池辺晋一郎
製作国:2009年日本映画
上映時間:2時間19分
配給:東映

柴崎芳太郎(参謀本部陸地測量部測量手) - 浅野忠信
宇治長次郎(山案内人) - 香川照之
生田信(測夫) - 松田龍平
小島烏水 - 仲村トオル
柴崎葉津よ - 宮崎あおい
10:16  |  邦画(た行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/08 (Mon)

大帝の剣 -DVD観賞

徳川幕府時代、想像を絶するパワーを秘めたオリハルコンと呼ばれる地球外金属で作られた“三種の神器”が存在した。その1つである“大帝の剣”を持った源源九郎(阿部寛)は、残り2つの神器を求めて旅を続けていた。その途中、豊臣の血を引く高貴な姫・舞(長谷川京子)とその従者の佐助(宮藤官九郎)に出会い、一緒に旅をすることになる。(シネマトゥデイ)

舞台設定は江戸時代でも、普通の時代劇ではない。歴史上の人物から宇宙人までが入り乱れるSF伝奇アクション

原作は夢枕貘の「大帝の剣・天魔降臨編」


私の大好きな阿部ちゃん、クォーターの設定です

はちゃめちゃなB級映画。大好きです、こういう映画。

竹内力や大倉孝二、ずっと特殊メイクのままだし…

血がぶーーーっと飛んだり、ちょっきーーーんって、腕が切れたり…
良い子は見ないで下さいな。



キャスト
万源九郎:阿部寛
舞・蘭:長谷川京子
佐助(猿飛佐助):宮藤官九郎
権三:遠藤憲一
牡丹(天草四郎):黒木メイサ
手妻の籐次:大倉孝二
黒虫:六平直政
姫夜叉:杉本彩
破顔坊:竹内力
藤井寺房之進:谷口高史
前田利常:徳井優
霧の才蔵:本田博太郎
おやかた様(真田幸村):津川雅彦
ナレーター:江守徹
09:02  |  邦画(た行)  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/30 (Fri)

誰も守ってくれない

330419_005.jpg



平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマスコミの目、そして世間の目から守るため、ホテル、アパート、マンションと逃避行を始める。


監督:君塚良一
脚本:君塚良一、鈴木智
製作:亀山千広
撮影:栢野直樹
音楽:村松崇継
美術:山口修
製作国:2008年日本映画
上映時間:1時間58分
配給:東宝

キャスト
佐藤浩市・志田未来・松田龍平・石田ゆり子・佐々木蔵之介・佐野史郎・木村佳乃・柳葉敏郎他


主題歌を歌うリベラは、8~18歳までのボーイ・ソプラノで構成され、熱狂的な女性ファンも多いことから写真集も発売された人気グループ
ファンの方もいらっしゃるのでは?

社会の問題を浮き彫りにしたこの1本。
現代社会の恐ろしさ、また普段あまり気に留めていなかった加害者の家族の生活。

一言でコメントはできません。
どちらも経験が無いから・・・

 「ネットの社会では情報量を一番多く持っているものがカリスマなんだ。」
この言葉も怖かった。




「背筋が凍るなぁ」に惚れたわたくし、美湖でございます。
今回は、この一言に尽きます
20:37  |  邦画(た行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/28 (Wed)

誰も守れない

■ 内容
 『誰も守れない』は、社会派映画「誰も守ってくれない」(2009年1月24日公開)と企画連動したドラマ。映画が“加害者の保護”をテーマに、ある日突然、容疑者の妹となってしまった加害者家族を保護することになった刑事と保護される妹の目を通し、犯人の家族ということで「社会的制裁」を受ける、現代社会の持つ非情さや人間の持っているもろさ、弱さ、力強さを描いているのに対し、ドラマは、“被害者の保護”をテーマに映画の物語の4ヵ月前に起きた、ある傷害事件に巻き込まれた被害者の娘を保護する勝浦(佐藤浩市)と三島(松田龍平)の姿を描く社会派。2人のハードでフレンドシップな関係も描かれ、今までの数ある刑事のバディものとはひと味違った刑事ドラマになっている。



■ スタッフ
企画 :亀山千広(フジテレビ)
脚本 :君塚良一
監督 :杉山泰一
音楽 :村松崇継
プロデューサー:臼井裕詞(フジテレビ)・種田義彦(フジテレビ)
ラインプロデューサー :古郡真也(FILM LLP)
制作協力 :FILM LLP
制作:フジテレビ

■ 出演
佐藤浩市・松田龍平・木村佳乃・佐野史郎・森田芳光・大杉 漣・藤本美貴・成宮寛貴・山本 圭

(土曜プレミアムHPより)


映画『誰も守ってくれない』を見るために視聴。
松田龍平に、惚れました。

映画が楽しみ




19:57  |  邦画(た行)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/27 (Wed)

チームバチスタの栄光

今年の13本目

s00111



成功率60%といわれる心臓手術「バチスタ手術」を26例連続成功させていた、東城大学付属病院の専門集団「チーム・バチスタ」。しかしその手術が3例連続で失敗するという事態が起きた。原因は果たして事故なのか? それとも故意の“殺人”なのか?? 心療内科医の田口は院長の命で手術失敗の内部調査を行うことに。聞き取り調査の結果彼女は単なる事故として調査を終了しようとするが、そこに厚生労働省の白鳥が現れ……。


第4回「このミステリーがすごい大賞」で大賞を受賞した小説「チーム・バチスタの栄光」。現役医師である海藤尊が書き上げたリアルでコミカルなこのミステリーが、豪華なキャストによって実写映画化された。バチスタ手術失敗の原因を追う心療内科医・田口と厚生労働省の役人・白鳥の凸凹コンビの奔走ぶりを中心に描きながら、医療現場の人間関係やそこで働く人々の想いをあぶり出していく。原作では男性だった主人公の田口を女性にするという大胆な変更を実施。白鳥とのコンビネーションをより際立たせることに成功した。


s00222.jpg


原作を読んでいないけれど、なんだかちぐはぐ。。。

きっと本当は、もっと深くて面白いんだろうな~と思いながら見ていました。

でも、大好きな阿部ちゃんが出ているし、竹内結子ちゃんも大好きだから、許せたかな
内容をじっくり楽しむのか、キャストで満足なのか、という判断をとわれるでしょうね~

もっとシリアスに描いたほうがよかったのでは?なんだか中途半端です。






20:16  |  邦画(た行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.01/02 (Wed)

どろろ

今年の3本目

story

大地の東の果てにあるその国では、争いが絶えず、血で血を洗う地獄の日々が続いていた。そんな乱世に終止符を打とうと、天下統一を目指す武将、醍醐景光(中井貴一)は瀕死(ひんし)の状態で、48体の魔物が封印された地獄堂へやって来る。自らの野望を果たすためなら、どんな犠牲もいとわないと叫ぶ景光に、魔物たちは「やがて生まれてくるお前の子どもを捧げろ」と告げる。この契約によって、巨大なパワーを手にした景光。そして、生まれてきた長男は、目、耳、口、手、足はおろか、五臓六腑に至る48の部位を奪われていたのだ。赤ん坊を産んだ妻・百合(原田美枝子)は、景光の命令により赤ん坊を“呪われた子”として捨ててしまう。

ph_07s.jpg




映画は、ニュージーランドクライストチャーチ、カンタベリー地方で撮影


んーー、CGが。。。
日本人の技術はもっと上だと思うのですが…

最近の邦画の俳優陣はいつも同じようなメンバーで、
もちろん制作サイドも、あまり変化がなく…

と思うのは私だけでしょうか

ph_10s.jpg



今回は、


23:15  |  邦画(た行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。