2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/20 (Fri)

笑う警官

札幌市内のアパートで女性の変死体が発見された。すぐに元交際相手の巡査部長・津久井(宮迫博之)に容疑が掛けられ、異例の射殺命令までも下される。この一連の流れに違和感を感じた所轄の警部補・佐伯(大森南朋)は、信頼できる仲間とともに秘密裏に捜査を行う。やがて、彼らは北海道警察内部に隠された闇に踏み込んでいくが……。



中途半端なエンディングに少し不完全燃焼。。。

①百条委員会の結果はどうなったのか
②最後の最後に高笑いしているあの警官は?
③佐伯と小島は事件後どうなったの?

本質的な問題について、何も結論が出ていないまま終わっています。

あ、松山ケンイチくん、みつけました

↓反転させて

パチンコ屋に出入りするあやしげな男役
衣装は自前だって



マジな宮迫さんは、こちらがふきそうになる。。。


製作年: 2009年
製作国: 日本
日本公開: 2009年11月14日
上映時間: 2時間2分
配給: 東映


スタッフ
監督・製作・脚本: 角川春樹
原作: 佐々木譲
撮影: 仙元誠三
音楽: 大島ミチル
照明: 渡辺三雄

キャスト
大森南朋
松雪泰子
宮迫博之
忍成修吾
螢雪次朗
野村祐人
大友康平
伊藤明賢
スポンサーサイト
18:10  |  邦画(や・ら・わ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/13 (Fri)

わたし出すわ

ばく大な財を築いて東京から故郷に帰ってきた山吹摩耶(小雪)は、久々に高校時代の同級生たちと再会。彼らの夢や希望の実現のために、彼女は次々に「わたし、出すわ」と大金を差し出す。どのように稼いだお金なのか、友人たちは勘ぐりながらもその大金を受け取ってしまう。果たして摩耶の真意とは? そして彼らの夢や希望の結末は

何を出すのだ???

もちろん、お金なんだけど・・・


どこから出るんだ?


ま、稼いだお金なんだけど・・・


どうやって出すんだ?


しつこい?


製作年: 2009年
製作国: 日本
日本公開: 2009年10月31日
上映時間: 1時間50分
配給: アスミック・エース


スタッフ
監督・脚本: 森田芳光
製作総指揮: 豊島雅郎
プロデューサー: 竹内伸治 / 三沢治子
撮影: 沖村志宏
美術: 山崎秀満
衣裳: 宮本まさ江
編集: 川島章正
音楽: 大島ミチル
エグゼクティブスーパーバイザー: 黒澤満

キャスト
小雪/黒谷友香/井坂俊哉/山中崇/小澤征悦/小池栄子/仲村トオル他
20:09  |  邦画(や・ら・わ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/16 (Tue)

陽気なギャングが地球を回す -DVD観賞

他人の嘘がわかってしまう男(大沢たかお)とコンマ1秒まで正確に時を刻むことのできる体内時計を持つ女(鈴木京香)。演説をさせたら右に出る者はいない男(佐藤浩市)と若き天才スリ(松田翔太)。ある日彼らはロマンあふれる強盗計画を実行に移すのだが、突如現れた別の強盗にあっさり大金を奪われてしまう。(シネマトゥデイ)

伊坂幸太郎の同名小説を映画化

意外にも途中まではとっても面白かった!

キャストの設定、
CGをカーチェイスの場面などに使う

など

邦画では珍しいタイプの娯楽ミステリー映画。

何より、キャラが立っている4人の絶妙なバランスが良かった。

できれば、ラストまで全力疾走して欲しかったのだが…

残念。


気楽ぅぅに見るなら最高の1本です。お勧めよん


上映時間 92分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(松竹)
初公開年月 2006/05/13
ジャンル コメディ/犯罪/ロマンス
ウソ発見器+体内時計+スリ+演説=犯罪ドリームチーム

監督: 前田哲

出演:大沢たかお 成瀬 / 鈴木京香 雪子/ 松田翔太 久遠/ 佐藤浩市 響野/ 大倉孝二 地道/加藤ローサ 祥子 / 三浦知紘 慎一/ 中山祐一朗 赤嶋/ 古田新太 田中/ 大杉漣 国元/ 篠井英介 漆原 / 松尾スズキ 鴨打/ 木下ほうか 林/ 光石研 朝倉
09:08  |  邦画(や・ら・わ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/05 (Fri)

ROOKIES -卒業-

rookies_main.jpg


野球部の面々が3年に進級し、川藤(佐藤隆太)が二子玉川学園高校の教師に戻ってきた2009年春――。野球部には、中学時代から名を轟かしている赤星(山本裕典)と平塚(桐谷健太)をヒーローと崇める濱中(石田卓也)の2人が新入生としてやって来た。横柄で反抗的な赤星に、頼りない平塚の実態を知り唖然とする濱中。さらには、御子柴(小出恵介)のアクシデントをきっかけに部員たちは窮地に追い込まれる。だが、彼らは結束を固め大会での活躍を誓う。彼らの決意は、2人の心をも溶かしていく。ついに迎えた予選大会! 順調に駒を進め、決勝へとたどり着いたニコガク野球部。だが対戦相手は中学時代、安仁屋(市原隼人)を追い込んだピッチャー・川上のいる笹崎高校。果たして、彼らは甲子園に行くことができるのか…!? 

森田まさのりさんのマンガを08年にTBS系でドラマ化した「ルーキーズ」。不良のたまり場と化した高校の野球部を、佐藤隆太さん演じる熱血教師・川藤が立て直し、甲子園を目指すという青春ドラマで、最終回の視聴率は19.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録するヒットとなった。



今回は、二人のメンバーが加わったニコガクルーキーズメンバー。

山本裕典くん、新たな美男子発見

豊川市出身のジュノンボーイです。

どこかで見たと思ったら、、『仮面ライダーカブト』の仮面ライダーサソード・神代剣くんじゃん


うぅぅん、やっぱ仮面ライダーよねー

良太郎ちゃんこと佐藤健くんも、大のお気に入り


石田卓也くん、彼も名古屋市出身のジュノンボーイ

愛知県って、美系の宝庫?

あ、鴨川ホルモーでもいい味出してましたね


高岡 蒼甫は、宮崎あおいの旦那さんだし。
去年のアノシスト賞授与式に会場で見た宮崎あおいさん、ちっさくて細かったな~

城田 優くんは、188センチ、でかい

桐谷 健太さんは29歳
監督である川藤、佐藤隆太と同じ年。

五十嵐隼人くんは、ウルトラマンメビウス

さすが、すごいメンバーそろえましたね


この映画は、ルーキーズファンのための卒業映画。

ネタばれはいたしません。
しっかりと、ルーキーズのメンバーに別れを告げることができればよいのです。。



20:22  |  邦画(や・ら・わ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.05/17 (Sun)

余命1ヶ月の花嫁

イベントコンパニオンをしている長島千恵(榮倉奈々)は、2005年の秋、左胸のしこりが乳ガンとの診断を受ける。そのころ、仕事先で出会った赤須太郎(瑛太)から交際を申し込まれ、一緒にガンと闘うという太郎の言葉に動かされて交際をスタートさせる。千恵の体調もいつしか安定し、次第に病気のことも忘れていくのだが……。(シネマトゥディより)


製作年: 2008年
製作国: 日本
日本公開: 2009年5月9日
配給: 東宝
監督: 廣木隆一

キャスト
榮倉奈々
瑛太
手塚理美
安田美沙子
柄本明
大杉漣
津田寛治
田口トモロヲ


16:00  |  邦画(や・ら・わ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.11/28 (Fri)

私は貝になりたい

20081006005fl00005viewrsz150x.jpg



監督:福澤克雄
脚本:橋本忍
原作:加藤哲太郎
撮影:松島孝助
音楽:久石譲
美術:清水剛
製作国:2008年日本映画
配給:東宝

監督:福澤克雄
原作:加藤哲太郎
脚本:橋本忍
出演:中居正広/仲間由紀恵/笑福亭鶴瓶/草なぎ剛/上川隆也/石坂浩二


本土防衛のために従軍していた清水豊松(中居正広)は、終戦を迎え家族の元へと帰ってきた。平凡でも幸せな家族との日々を営もうとしていた矢先、B・C級戦犯として逮捕されてしまう。豊松の銃剣がアメリカ兵捕虜の腕をかすめたというのだ。それだけのことにもかかわらず、裁判で下されたのは死刑の宣告だった。(シネマトゥデイ)



『私は貝になりたい』は、元陸軍中尉・加藤哲太郎の手記「狂える戦犯死刑囚」の遺言部分をもとに、橋本忍の脚本で制作された作品。

オリジナルは、ラジオ東京テレビ(KRT)が1958年に制作したテレビドラマ。主演は、フランキー堺

1994年には、TBSによるテレビドラマでリメイクされました。こちらの主演は、所ジョージ。

映画版は1959年に制作され(こちらも主演はフランキー堺)、今回の作品はリメイク映画版となっています。


「せめて生まれ代わることが出来るのなら……
いゝえ、お父さんは生れ代わっても、もう人間になんかなりたくありません。
人間なんて厭だ。牛か馬の方がいゝ。
……いや牛や馬ならまた人間にひどい目にあわされる。
どうしても生まれ代わらなければならないのなら……いっそ深い海の底の貝にでも……
そうだ、貝がいい
貝だったら、深い海の底の岩にへばりついているから、何の心配もありません。
兵隊にとられることもない。戦争もない。
房江や、健一のことを心配することもない。
どうしても生まれ代わらなければならないのなら、私は貝になりたい……」

(小説より引用)


SMAP中居くん、仲間由紀恵さんを起用したことで、少しでも若い人にこの映画を見てもらい、戦争とは、こんなに悲惨で理不尽なことだったのだ。
もう戦争なんて絶対にしてはいけない。と、強く思ってほしいです。


私が映画を見たときは、年配の方もたくさん見ていらっしゃいましたが、どう思われたのでしょう。
たぶん、フランキー堺さんの作品もごらんになっている方々だから、厳しいご意見がでるかも?

いや、ご年配の方もアイドルに寛容かもね


ドキドキしてしまった、中居くんの歌

あそこで、草なぎくんを出してしまったら、草なぎくんのほうがなんだか、似合っているよなーと思わせてしまうのでは?

200人目の署名。
ばーんっって響いた鉄砲の音。雪崩が起きるかと思いました。

壮大過ぎる音楽
仰々しくなってしまい、ちょっと内容に似合わなかったなー


と素朴な感想を並べてみました。


しかし、たくさんの方々に見てほしいです!
両親にも見せたい映画。今年で2本目です。

20:01  |  邦画(や・ら・わ行)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2006.02/26 (Sun)

妖怪大戦争

7398ba3d416d5f7d7e9a4f18cf2d383a.jpg



story
今年10歳になるタダシは両親の離婚により、父親と4歳年上の姉と別れ、母親と祖父と共に母の故郷・鳥取で暮らす日々。漁港で働く母は家を留守にしがちで、タダシは最近呆けが始まったちょっぴりおちゃめな祖父の対応に四苦八苦していた。東京から引っ越してきた都会のもやしっ子であるタダシは、クラス メートともいまいち馴染めない。
 そんなある日、タダシは神社のお祭りで、大勢の子供の中から《麒麟送子》に選ばれる。麒麟送子は世界の平和をもたらすという正義の味方の役で、大天狗が守る伝説の聖剣を取りに山の洞窟に行かなくてはならないという。 
 一学期の終業式の帰り道、タダシはいじめっ子たちに言われた言葉をふと思い出す。「お前は弱虫だからな。」「無理無理。泣き虫タダシには絶対無理!」ふと後ろを振り返ると、そこには大天狗の山が。勇気を振り絞って山に登っていくタダシだったが、やはり怖くなり途中で引き返してしまい、ちょうどやって来たバスに飛び乗る。そのバスでタダシは言葉の分かる、愛らしい不思議な妖怪・すねこすりと出会い、家に連れて帰るのだった。だが、すねこすりの姿は大人には見えず、なぜかタダシにしか見えなかった。
 そんな中、日本各地では、突然子供が消えたり、恐ろしい化け物が人間を襲ったりする事件が多発していた。それは、この世に恨みをもつ悪霊たちの仕業だった。黒幕は古代先住民族の怨念が蘇った魔人・加藤保憲。加藤は、人間に捨てられた機械などの廃棄物の怨念と日本古来の妖怪たちとを、大怨霊ヨモツモノの力で混ぜ合わせ、新種の悪霊《機怪》を作り出していった。そして、加藤の手先となった鳥刺し妖女・アギによって、日本全国の妖怪たちは捕獲され、《機怪》に姿を変えていくのだった。
 数日後、祖父から呼び出されたタダシは、再び大天狗の山に登り、そこで妖怪たちに出くわす。彼を誘い出したのは祖父ではなく麒麟送子の先導役、妖怪・猩猩だった。最初は怖気づくタダシだったが、彼らに悪意がないことを知り、心を開く・・・。だが、大天狗の山でタダシがついに伝説の聖剣を手にした時、《機怪》とアギが乱入し、なんと聖剣は折られ、すねこすりは拉致されてしまう。猩猩は、世界の平和をかけて、川姫、川太郎、小豆洗いたちと共に、麒麟送子のタダシと力を合わせ、悪霊軍団に戦いを挑む決意をする。
 同じ頃、加藤の人類壊滅計画は着々と進んでいた。ヨモツモノがとり憑いた巨大な機怪工場が、突如、翼を生やし飛び立った。麒麟送子のタダシと猩猩や川姫、川太郎たちも、ヨモツモノを追って旅立つ。妖怪随一の刀鍛冶一本だたらに聖剣の打ち直しをさせ、加藤の野望を砕くために。そして、すねこすりを救うために。決戦の戦場は、日本の首都・東京だ。
 それに呼応するかのように、日本全国津々浦々からたくさんの妖怪たちが東京を目指して集結していった。その数は、なんと120万匹を超えていた。
 果たして麒麟送子と日本妖怪たちは、加藤の計画を潰すことができるのか。東京に、日本に、そして世界に、未曾有の大混乱が巻き起ころうとしていた・・・


私は、小豆めしは嫌い
でも、この映画は、小豆がキーワードになっている

ちょっぴり拾った映画のツボ

その1 河童が板もめんに
「鬼太郎の前では、え~顔しとるやないか」
と迫るシーン

その2 神社のお祭りで、タダシが獅子にかまれ世界を救う「麒麟送子」になったときのいたずらっ子とタダシの会話

いたずらっ子「アントニオ猪木もかまれたそうだぞ」
タダシ「それ絶対にありえないから」

その3 ろくろく首
寝床で咳き込んで「ごめんね」って言うと頭がぽろりと落ちて、びよ~んと首が伸びていく

その4 主人公の麒麟送子の衣装が入っていた箱に防虫剤(期限をすぎると色がかわるタイプ)?ぷぅ

その5 雪女 「冬場ならともかくこの季節じゃ、ちょっとね」って、雪女がフォ~~ってやれば、すべてがカチコチに凍るんじゃないの

その6 さらわれた大天狗は、どうなったのぉ?

その7 宮迫が、麒麟麦酒を飲んで、砂かけばばあに砂をかけられると、妖怪が見えるようになるシーン

その8 川姫の艶々太ももは、何が塗ってあるのぉ?むふっ

その9 小豆洗いの小豆ってあのたらいになん粒入っているの?
「319粒足りん」って言ってたよね

その10 生まれてはじめて「真っ白なうそをついた」
どんな嘘かは、映画を見てのお楽しみ


水木しげる・宮部みゆき・京極夏彦・荒俣宏らがカメオ出演してたのには大笑い。小説家って出たがりなの?


15:53  |  邦画(や・ら・わ行)  |  TB(62)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。