2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.05/07 (Fri)

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

教師の市川新市(哀川翔)が目覚めると、東京の街はゼブラシティなる都市に変ぼうしていた。警官に発砲され意識を失った新市が再び目を覚ますと、ゼブラシティの犠牲者たちが集まるコミューンにいた。そこで15年分の記憶を失い、かつて自分が地球を救ったゼブラーマンだったことを知った新市はリハビリを開始するが……。

5年ぶりの続編。

ゼブラーマンは、私の邦画ベスト10にはいる秀作。
もう期待度MAXで観にいきました。


西暦2025年、ゼブラシティでは、新しい都知事によって朝夕の5分間だけ無法地帯と化すゼブラタイムという制度が導入されていました。
突然路上で目覚めた市川新市(哀川翔)は、かつての教え子(「仮面ライダーディケイド」の井上正大)に助けられます。
しかし、自分がゼブラーマンだったことを含む15年間の記憶を失っていました。

前評判上々のゼブラクイーン(仲里依紗)は、レディーガガばりですごかった。
エロコワ
新しい言葉だわ。

今回は「白黒つけたぜ」

ではなく

「合体するぞ!」

いえいえ

「丸く治めたぜ」



製作年: 2010年
製作国: 日本
日本公開: 2010年5月1日
配給: 東映


スタッフ
監督: 三池崇史
プロデューサー: 平野隆
脚本: 宮藤官九郎


キャスト
哀川翔
仲里依紗
阿部力
井上正大
スポンサーサイト
18:07  |  邦画(さ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/09 (Fri)

ソラニン

OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は不透明な未来に確信が持てず、互いに寄り添いながら東京の片隅で暮らしていた。ある日、芽衣子の一言で仲間たちと「ソラニン」という曲を書き上げた種田は、芽衣子と一緒にその曲をレコード会社に持ち込むが……。


ソラニン (solanine) とは主にジャガイモの表皮や芽、ホオズキなどに含まれるステロイドアルカロイドの一種。

映画は、

泣けた~~~~


どこがどうよくて?
と聞かれても答えられないけれど、とにかく泣けた!

久々に映画を見て号泣いたしました。

是非、ご覧下さい。

心にしみます。


製作年:2009年
製作国:日本
日本公開:2010年4月3日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間:2時間6分
配給:アスミック・エース


スタッフ
監督: 三木孝浩
原作: 浅野いにお
脚本: 高橋泉
プロデューサー: 今村景子 / 田中美幸 / 久保田修
撮影: 近藤龍人
編集: 上野聡一
音楽: 安井輝


キャスト
宮崎あおい
高良健吾
桐谷健太
近藤洋一
伊藤歩
永山絢斗

ブックマーク
17:58  |  邦画(さ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/27 (Wed)

サヨナライツカ

1975年、灼熱のバンコク。お金・美貌・愛に不自由なく暮らし、“愛されること”を求め生きてきた沓子は、ある日、夢に向かって真っすぐ生きるエリートビジネスマン・豊と出逢う。ふたりはたちまち魅かれ合い、熱帯の夜に溺れていく。結婚を控えた豊との期限ある恋に落ちていくにつれ、沓子は、“愛すること”こそが本当の“愛”だと気付きはじめる。たとえこの恋がかなわないとしても、自分は彼を愛し続ける……。ふたりは25年後のバンコクで、運命の再会をするが――



「サヨナライツカ」

永遠の幸福なんてないように
永遠の不幸もない
いつかサヨナラがやってきて、
いつかコンニチワがやってくる
人間は死ぬとき、
愛されたことを思い出すヒトと
愛したことを思い出すヒトとにわかれる

私はきっと愛したことを思い出す




ずばり、殿方目線の映画でした。

小さな疑問や、粗い作りには目をつむり。。。

みぽりん、お綺麗でした。。




* 制作年:2009年
* 上映時間:134分
* 公式サイト:sayo-itsu.com
* 配給:アスミック・エース エンタテインメント

キャスト・スタッフ

* 監督:イ・ジェハン
* キャスト:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、平岳大、加藤雅也
16:29  |  邦画(さ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/01 (Sun)

沈まぬ太陽

国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行った彼はさまざまな悲劇を目の当たりにする。そして、組織の建て直しを図るべく就任した国見新会長(石坂浩二)のもとで、恩地は会社の腐敗と闘うが……。


日本航空が映画化反対のコメントを出したという。

アフリカなどでの撮影も行われ、日本の空港シーンはタイの空港を利用して撮影。
飛行機のシーンは、日本航空の協力が得られなかったため、CGによって再現したということ。

原作は主役の恩地(渡辺謙)を通して企業の腐敗を告発したのに対し、映画は恩地の生き様に焦点を当てている。



久々に目にした役者さんをはじめ登場人物が非常に多い。
しかも上映時間が3時間22分。間に休憩が入ったときは、気持ちの盛り上がりが一気にトーンダウン、もったいない。。。

重厚な人間ドラマに仕上がっていて、久々に重々しい気持ちになった。


監督:若松節朗
製作総指揮:角川歴彦
原作:山崎豊子
脚本:西岡琢也
撮影:長沼六男
美術:小川富美夫
編集:新井孝夫
音楽:住友紀人
製作国:2009年日本映画
配給:東宝

キャスト
渡辺謙/三浦友和/松雪泰子/鈴木京香/石坂浩二/山田辰夫/香川照之/木村多江/清水美沙 /鶴田真由/柏原崇/戸田恵梨香/大杉漣/西村雅彦/柴俊夫/風間トオル/神山繁/菅田俊 /草笛光子/小野武彦/矢島健一/品川徹 /田中健/松下奈緒/宇津井健/小林稔侍 /加藤剛 他
21:38  |  邦画(さ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/23 (Fri)

さまよう刃

むごたらしい事件によって、大切な一人娘を亡くした長峰(寺尾聰)。ある日、娘を殺した人物の名前と居場所を偶然知った長峰は、犯人の少年の一人を殺害。後日、もう一人の犯人を追う長峰から、殺害の自供と現行の少年法への憤りをつづる手紙が警察に届く。一方、長峰を追う捜査本部の織部(竹野内豊)は、法と正義のはざまでやるせない思いを抱いていた。


犯罪被害者が抱く苦悩と少年法との落差を盛り込んだ「さまよう刃」は話題を呼び100万部を突破。「手紙」「秘密」「容疑者Xの献身」など映画化が相次ぐ東野小説。

この映画は、社会に問題を提起する作品となっています。

一つの犯罪から、周りの人間が抱える心の闇。

その心の闇は、小説なら読み取ることができたと思うけれど

映画からは・・・

寺尾さんのあまりにも素晴らしい演技が光りすぎ

肝心の刑事たち心の変化が今一つ演じ切れていなかったのでは…と思います。


重厚な社会派映画です。



監督・脚本:益子昌一
プロデューサー:石田基紀、山田兼司、長澤昌子
原作:東野圭吾
撮影:王敏
音楽:川井憲次
美術:福澤裕二
製作国:2009年日本映画
上映時間:1時間52分
配給:東映


キャスト
寺尾聰/竹野内豊/伊東四朗/長谷川初範/木下ほうか/池内万作/岡田亮輔/佐藤貴広/黒田耕平/
酒井美紀 /山谷初男
20:44  |  邦画(さ行)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/10 (Mon)

サマーウォーズ

「時をかける少女」の細田守監督が、同作に続いて脚本・奥寺佐渡子、キャラクターデザイン・貞本義行とともに描くオリジナル長編アニメーション。数学が得意だが気弱な高校2年生の健二は、憧れの先輩・夏希に頼まれ、夏休みの間、彼女の実家で夏希のフィアンセとして過ごすことに。そんな時、健二はネット上の仮想空間OZで起きた事件に巻き込まれ、その影響が現実世界にも波及。夏希の一家ともども、世界の危機に立ち向かう。


この映画は、久々の大ヒット

確実に


ストーリーよし
構成よし
映像よし

で、大満足でした。

ぜひ、見に行ってね


そして、原作もチェック





監督・原作:細田守
脚本:奥寺佐渡子
キャラクターデザイン:貞本義行
作画監督:青山浩行
アクション作画監督:西田達三
美術:武重洋二
音楽:松本晃彦
アニメーション制作:マッドハウス
2009年日本映画
上映時間:1時間54分
配給:ワーナー・ブラザース映画


出演:神木隆之介、桜庭ななみ、富司純子、谷村美月、斎藤歩、横川貴大、信澤三恵子、谷川清美、桐本琢也、佐々木睦、玉川紗己子、永井一郎、山像かおり、小林隆、田村たがめ、清水優、中村正、田中要次、中村橋弥、入山法子、板倉光隆、仲里依紗、安達直人、諸星すみれ、今井裕貴、太田力斗、皆川陽菜乃
14:07  |  邦画(さ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.05/29 (Fri)

重力ピエロ

重力ピエロ



遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では、謎の連続放火事件が発生していた。泉水と春は事件に深く踏み込み、家族を巻き込みながら次第に家族の過去にも近づいていくのだが……。(シネマトゥデイ)


テーマは、家族と正義。
血のつながりよりも固い絆を考えさせられます。

泉水役の加瀬亮さんと春役の岡田将生くん
素敵でした。岡田くんは、楽しみな役者さんですね。。


実際は、年齢差15歳。劇中では2歳差。。。
うまく埋めていましたねー

かなりしんどい設定。
春は、レイプ犯の血という烙印を消すために、実の父にバットを振り下ろします。

それはガンジーの「自分自身がこの世で見たい変化になりなさい」という言葉を実践し、自らの呪われた人生に決着をつけた瞬間でもありました。


ラストは、打って変わって非常に爽やか。

二階から飛び降りる春に、他人を愛する気持ちの芽生えた瞬間でもあったように思えます。

それでもボクはやってない金子くんは、やっぱりやっていなかった。。。(笑)


監督 : 森淳一

原作 : 伊坂幸太郎

出演 : 加瀬亮 ・岡田将生 ・小日向文世・吉高由里子・ 岡田義徳・ 鈴木京香・ 渡部篤郎
20:37  |  邦画(さ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/14 (Sat)

ジェネラル・ルージュの凱旋

チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田口(竹内結子)のもとに一通の告発文が届く。
救命救急センター長の速水(堺雅人)と医療メーカーが癒着し、同センターの花房看護師長(羽田美智子)が共犯という内容。
彼女が院内調査を開始した矢先、同様の告発文を受け取っていた厚生労働省の役人・白鳥(阿部寛)が再び現れる。


監督:中村義洋
出演:竹内結子、阿部寛、堺雅人、高島政伸、國村隼

1作目は、チーム・バチスタの栄光

ジェネラル

このお二人は、とっても息が合っていていいかんじ。

でも、今回は、

ジェネ2

時の人

堺雅人に、くわれてしまったね。。。


ジェネ4


ガリバー、ガリバー・・・

には笑ったけどね


この作品は、原作がすばらしい!

「ジェネラル」→「凱旋」→「ルージュ」
の順に謎解きがされ。。。

最後は、もっとこわ~~~くなる。


医療ものって難しいと思うけど、どんどん頑張って欲しいですね。

佐野史郎、玉山鉄二がちらりと意味ありげに出てくるサービスには、拍手でした。



原作愛読者にとっては、人気のないこのシリーズですが、次回作も期待しちゃいます。


今回は、

13:29  |  邦画(さ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.02/08 (Sun)

少林少女  DVD

shorinsyojo_p.jpg



祖父の道場を継ぐため中国の少林拳武術学校に修行に行った凛(柴咲コウ)が3000日の厳しい修行に耐え帰国すると、道場は潰れ兄弟子たちは少林拳を辞めてしまっていた。単独で少林拳を広めようと決意した凛は、ひょんなことから大学のラクロス部の助っ人になる。チームは勝ち進み、道場再建に向け着々と準備は進んでいくが……。(シネマトゥデイ)



「踊る大捜査線」の本広克行監督&亀山千広プロデューサーと「少林サッカー」のチャウ・シンチーが強力タッグを組み、柴咲コウを主演に迎えて贈るカンフー・アクション・エンタテインメント


かなり酷評された映画でしたね

確かに・・・
カンフー映画としてはレベルも低いし、
ラクロスのルールもわかんないし

今ひとつなところが多かった。

柴咲コウを起用した意味がほとんどなく、

その他男性陣も、もったいない使い方をしたものだと。。。

ご覧になるのか、ならないのかは、お任せします。
16:25  |  邦画(さ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/30 (Tue)

自虐の詩

自虐の詩




子どものころから不運続きの幸江(中谷美紀)は、乱暴者で酒飲み、仕事もせずギャンブルに明け暮れるダメ亭主イサオ(阿部寛)に健気に尽くしていた。見かねた隣人に別離を勧められ、パート先の店主にしつこく言い寄られようとも、イサオと一緒にいることが何よりも幸せ。そんなある日、刑務所帰りの父親が幸江の前に現れる。(シネマトゥデイ)


典型的な、尽くす女。

私には、考えられない。。。

週刊宝石で6年間にわたり連載された業田良家の人気四コマ漫画の映画化


CSで鑑賞。

私の大好きな阿部ちゃんが、見るも無残なパンチパーマ、ロンゲの装いをしているのは、あまりにも過激で衝撃的でした。


四コマ漫画は読んだことないけれど、楽しめました。


男性は、尽くす女、尽くされる女
どちらがお好みなのかしら。。



監督:堤幸彦
脚本:関えり香、里中静流
原作:業田良家
撮影:唐沢悟
音楽:澤野弘之
美術:相馬直樹
製作国:2007年日本映画
上映時間:1時間55分
配給:松竹

キャスト
中谷美紀、阿部寛、遠藤憲一、カルーセル麻紀、竜雷太、名取裕子、西田敏行
20:54  |  邦画(さ行)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。